冬の食べ物といえばおで /提起冬天的食物就是關東煮

14 Nov 2017


11月に入り、寒くなってきましたね。日本では冬の季節に近づいています。日本人が冬に食べる温かい食べ物といえばおでんです。日本のおでんは一般的に少し薄味ですが、地域によってだしの味や、具材が変わります。定番の具材は、大根、ゆで卵、ちくわ、こんにゃく、昆布、はんぺんなどです。冬になると、コンビニに売られています。自分で好きな具材を選んで、買うことができます。日本へ来たら、ぜひ試してみてくださいね!

 

踏入11月後天氣便會變得很冷吧。在日本即將迎來冬天的季節了。日本人只要提起冬天吃的溫暖食物就是關東煮了。日本的關東煮一般來說都有點平淡,但是湯汁的味道和配料會根據地區而有變化的。一般的關東煮裡會有蘿蔔、雞蛋、竹輪、蒟蒻、海帶和鱈寶等配料。如果到了冬天,便利店便會開始販賣關東煮了。挑選自己喜歡的配料後便可以購買。如果大家來日本的話,請試一下日本的關東煮吧!

https://www.sirogohan.com/recipe/oden/

 

単語/單詞

1.ちくわ(chikuwa)・・・魚をすりつぶして、棒に巻き、焼いたもの

・竹輪・・・把魚肉磨碎,卷在竹籤或細木枝上並以火烤的食物

https://www.kibun.co.jp/knowledge/neri/basics/zukan/chikuwa/

2.こんにゃく(konnyaku)・・・こんにゃくいもと呼ばれる芋で作られた弾力のある食べ物

・蒟蒻・・・蒟蒻是用土豆做並具彈性的食物

http://kan-etsu.com/knowledge/konnyaku/

3.はんぺん(hanpen)・・・魚をすりつぶしたものと山芋を混ぜて作ったもの

・鱈寶・・・把魚肉磨碎後與番薯混合而成的食物

 

https://www.kibun.co.jp/knowledge/neri/basics/zukan/hanpen/

 

Follow our WeChat account


The UM FAH WeChat account offers free languages tutorials including Chinese, English, Japanese and Portuguese, knowledge of different cultures and customs, explorations of philosophical ideas and appreciation of literary works.

Follow us now:UM_FAH

Follow our WeChat account