信玄餅 / 信玄餅

23 Nov 2018


「信玄餅」と聞いて、どんなお餅を想像しますか。日本語で「餅」は、もち米を蒸してから臼に入れてつき、粘りを出したものを言います。

信玄餅は、山梨県の有名なお土産です。山梨県には、餅にきな粉と黒蜜をかけた安倍川餅[i]を供えて食べる昔からの習慣があり、これをヒントに、現代風に小さくまとめて一年中食べられるものにしたのが信玄餅です。やわらかいお餅の食感に、きな粉の香りと黒蜜の濃い甘さが口の中に広がり、素材のおいしさを味わうことができます。

さあ、よだれが出てきたころでしょうか。東京でも買うことができますから、ぜひ食べてみてください。

 

聽到「信玄餅」這個詞,你能想象出來是什麼樣的糕點嗎?日語的「餅」,是指糯米蒸熟后放進石臼中,舂至有粘性所製成的糕點。

信玄餅是山梨縣有名的特產。在山梨縣,從以前就有著將加上黃豆粉和濃紅糖液的安倍川餅作為供品然後品嘗的習俗。受此啟發,人們製成了具有現代風格的、小塊的、什麼時候都能品嘗的信玄餅。信玄餅軟糯的口感,加上在口中擴散開來的、黃豆粉的香氣和紅糖液濃厚的甘甜,人們能品嘗到其原材料本身的美味。

看到這裡,不知道各位是否已經垂涎三尺了呢?在東京也能買到信玄餅,所以請大家務必品嘗一下。

 

[i] 安倍川餅(abekawamochi):やわらかい餅にきな粉をまぶし、上から白砂糖をかけた食べ物。/ 撒滿黃豆粉、撒上白糖的軟糯的糕點

画像引用元:「桔梗信玄餅-山梨の代表銘菓」http://www.kikyouya.co.jp/

 

Follow our WeChat account


The UM FAH WeChat account offers free languages tutorials including Chinese, English, Japanese and Portuguese, knowledge of different cultures and customs, explorations of philosophical ideas and appreciation of literary works.

Follow us now:UM_FAH

Follow our WeChat account